眠れるベッドがある

20数年前まだシステムエンジニアをやってた頃、とにかく忙しくて。

ソウルオリンピックと天皇崩御が重なったせいもあって、新聞の配信関係の仕事だったからトラブルは許されない。

良くて終電、逃せば泊り。それも泊まるほど難航してる場合は3連徹とかもあり。

最近言われるブラック企業よりも過酷だったかも。残業は多い時で200時間を突破した。

クライアントの会社に寝泊まりする事になるんだけど、食堂や待合室の片隅のパイプ椅子を並べて寝たりしてた。

徹夜明けでアパートに帰ると「布団で眠れるって幸せだなぁ」ってつくづく思ったものだ。

あの頃の思いは今も変わらない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

奇特な訪問者達
(Since 2007.11.27)
プロフィール

はりー♪♪

Author:はりー♪♪
こんなブログへようこそ♪

※アダルトなTB及びリンクは多大な精神的苦痛を伴いますので、ご遠慮下さい。
違反された場合は1億円の慰謝料を請求致します♪

( ̄∀ ̄*)イヒッ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リアルタイムに暇な人達
現在の閲覧者数:
RSSフィード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ