WHITE ROOM

駅の近く、黒いカーテンの掛かった白い部屋にいる。
煤けた屋根が連なる場所で、金になる仕事もなく、くたびれたムクドリたち。
月光の中を駆け下りてくる銀色の馬がお前の暗い瞳に映る。
明け方の光が去り際のお前に微笑んだことに、俺もほっとしたよ。

俺は日も届かないこの場所で待っているさ。
この影だけが蠢くような場所で待つよ。

自分を守るすべがない、とお前は駅で言った。
駅の入場券、絶え間ないディーゼル機関、別れを交わす車窓。
俺は駅でとてつもなく哀しい思いに陥った。
そこから出て、俺自身の新しいはじまりが必要だ…と感じた。

俺は列に並んで列車の到着を待っているさ。
この影だけが蠢くような場所でお前を抱きながら。

パーティーの堅苦しい群衆の中で彼女は情け深かった。
心の古傷の癒しにもなったし、今ではもう忘れたよ。
黄色い虎がジャングルで身をかがめているのが彼女の暗い瞳に映る。
着替えている彼女、別れを交わす車窓、くたびれたムクドリたち。

俺は寂しい群衆とここで眠りにつくことにするよ。
この影だけが蠢くような場所で暗闇に横たわるさ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

奇特な訪問者達
(Since 2007.11.27)
プロフィール

はりー♪♪

Author:はりー♪♪
こんなブログへようこそ♪

※アダルトなTB及びリンクは多大な精神的苦痛を伴いますので、ご遠慮下さい。
違反された場合は1億円の慰謝料を請求致します♪

( ̄∀ ̄*)イヒッ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リアルタイムに暇な人達
現在の閲覧者数:
Twitter
RSSフィード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ