地球の常識

昨日綺麗に晴れた秋空を見てて思いついた。

この地球は奇跡的な環境により生物が育まれると言うが、違うんじゃないだろうか。

確かに人類には過ごしやすい環境だし、ほっといても次から次へと色々な生物が湧いてくる。

だけどそれは地球の常識であって、実際にはどうなんだろう。

例えば天王星は岩石と氷の核の周りに水・アンモニア・メタンのマントルがあり、その外側にはヘリウムとメタンを含む水素ガスの雲で覆われているそうだ。

雲の最上層の温度は‐210度。

もしもこの環境で快適に暮らせている生物がいるとしたら、彼らにしてみたら地球は灼熱地獄って事になるんじゃないんだろうか。

きっと天王星人は「地球のような過酷な環境に生物がいるはずはない」と言ってるだろう。

将来これが証明されたら、すごいな! 俺。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マジメに書いてると思うと笑っちゃう~~

No title

灼熱地獄に住んでいる俺って凄い!

No title

超マジだし!
天王星人から見たら、地球人なんかマグマの中で暮らしてるくらいすごいはずだ。

No title

そもそも・・・
地球に生物が存在するのは、隕石に含まれるものが地球で・・・

もう~ええわw

No title

こういう空想って、小学生の時によくしたよね

No title

あ、しょうもない空想だと思ってんだろ。
だけど天王星を見て来たのはカッシーニだけなんだぜ。
満更ありえなくもないのさ>おさ p
奇特な訪問者達
(Since 2007.11.27)
プロフィール

はりー♪♪

Author:はりー♪♪
こんなブログへようこそ♪

※アダルトなTB及びリンクは多大な精神的苦痛を伴いますので、ご遠慮下さい。
違反された場合は1億円の慰謝料を請求致します♪

( ̄∀ ̄*)イヒッ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リアルタイムに暇な人達
現在の閲覧者数:
Twitter
RSSフィード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ